あたふたしないための海外旅行英会話教材比較サイト。旅行英語ナビ。

MENU
お急ぎの方はこちら

海外旅行が決まってウキウキ…でも大丈夫ですか?

海外旅行が決まるとウキウキしちゃいますよね。でも、英会話は大丈夫ですか?不安はありませんか?中学、高校でもそれなりに習っているし、何とかなるんじゃないのかと思っていませんか?

 

確かに、何とかなるといえば何とかなるのかもしれません。ですが、思った以上に英語を忘れてしまっていることがあります。

 

これくらいは話せるはずなのに…話せない…わかりそうなのにわからない…あの単語なんだっけ…?みたいなことになると、海外旅行の楽しさは激減します。イライラばかりが募ってしまいます。

 

事前にある程度は勉強しておかなければ後で後悔することになるのは目に見えています。

 

とはいうものの、簡単な海外旅行向けの英会話は、英検やtoeicで高得点を目指すレベルの勉強をするほどの努力が必要ではないものまた事実。

 

今回は、海外旅行が決まったあなたのために、できる限りお金をかけず要領よく海外旅行向けの英語学習をするにはどういったことに取り組むべきなのかについてみていきます。

 

かいつまんで要領よく勉強して…その通りに英語ができて…と事が運ぶとこの上なく快感で海外旅行が何倍も楽しくなりますよ。

 

英会話を勉強するとなると、様々な方法やサービスがありますが、まずはそれらが海外旅行に行く人にとってどうなのかということについてみてみましょう。

英語教室

英語教室はネイティブスピーカーと対面で授業受けることができる点が、最大のメリットと言えます。日本で暮らす日常の中でネイティブスピーカーと話す機会を得ることは容易ではないからです。

 

ネイティブスピーカーの友人がいる場合でも、日本人が日本語の文法を詳しく知らないように、その友人が英語の先生でもない限り、英語の文法を知らない場合が多いのです。英語を勉強する時間効率を考えると、外国人の友人との交流では十分とは言えないのです。

 

正確な文法、発音を学べる点はどの学習方法よりも英語教室が優っていると言えるでしょう。

 

しかし、英語学校は良いことだけではないのです。というのも、海外旅行で英語を使用してコミュニケーションを取る際に、正確な文法や発音は必要ないことが多いのです。

 

簡単な単語を並べるだけでも考えを伝えることは可能ですし、観光地などは日本語の書類が用意してある場合や日本人スタッフが滞在している場合も多く、海外旅行の際に高度な語学力は必要ない時代になりつつあると言えるからです。

 

英語教室は入学金や授業料が他の学習方法(オンライン英会話・英会話カフェ等)と比べて高額な場合が多く、海外旅行に英語を利用する際の費用対効果を考えると効率的ではないのです。

英会話カフェ

近年、英会話カフェは英語学習の主流の一つになってきました。英会話カフェの最大のメリットは、その気軽さです。英語教室に比べて費用が安く、授業と言うよりも、外人の友人とカフェでおしゃべりをしているような敷居の低さが人気の要因と言えます。

 

英語教室と同じくネイティブスピーカーと対面で話すことができ、なおかつ英語教室よりも費用が安いため、上手に英会話カフェを活用する価値はあると言えるでしょう。また、英語教室と違い、周りにも話している人がいるので、自分が英語を話す恥ずかしさが少ないのも英会話カフェのメリットの一つと言えます。

 

しかし、英会話カフェは気軽さがある一方、海外旅行で想定される会話を効率的に学ぶことは難しいのが現状と言えます。どうしても日常会話中心になってしまうので、ホテルでの受付やタクシー乗車時など、旅行中に遭遇する場面に対応出来るボキャブラリーや言い回しなどを学ぶことは難しいのです。

 

もちろん「旅行会話」に特化したサービスも存在しています。しかし、別料金が発生する場合が多く、英会話カフェの最大のメリットである気軽さを損なわれてしまう可能性があります。

 

「外人の友人を作りたい」「旅行に関する話をしたい」という要望に応えることができる英会話カフェですが、費用が安い分、英語力を向上させることは難しいのが現状です。

オンライン英会話

オンライン英会話は、その手軽さと費用の安さからここ数年で爆発的に人気の出た語学学習方法です。

 

オンライン英会話の魅力はその安さだけではなく、フィリピン人講師やネイティブ講師など、英語に精通する先生とパソコン上ではありますが、対面で話すことができるので、英語を話すことに慣れることや恥ずかしさを払拭できる点はメリットと言えます。

 

しかし、パソコン上の限られた情報のみでのやり取りになるので、海外旅行にそのまま使うような、実用的英語を学ぶことは難しいのが現状です。

 

もちろん、旅行会話に特化したサービスを提供しているオンライン英会話会社もありますが、語学学校や英会話カフェで得ることができる、「コミュニケーションの中での会話を学ぶ」という面では劣ってしまいます。

 

単純に旅行会話英語を学びたい場合は、一冊の本を購入するだけで足りますし、本でしたら海外にも持参できるので実用的であり効率的であると言えます。

 

また、旅行英語をオンライン英会話で学ぶたい場合は、「旅行英語コース」など特定のサポートに申し込む必要があり費用も高くなってしまうので、オンライン英会話のメリットである「安さ」という部分を存分に発揮することが難しくなるというデメリットもあります。

 

このような点からオンライン英会話で、旅行英語を学ぶことは費用対効果的に良いとは言えないのです。

 

オンライン英会話は「英語を学習する」というよりも、「人と話すことに慣れる」ために利用する方が効率的であると言えます。

 

人気のオンライン英会話サービスランキングtop3
QQEnglish

QQEnglishはカランメゾットを採用している、人気オンラインスクールの一つです。カランメゾットとは英語脳を作るために、先生の質問に対して瞬時に答えることを繰り返すという学習方法です。加えて、質問する先生は通常の会話よりも、早いスピードで話す必要があり、英語の対応力を身につけることに特化しています。

 

料金は月額3,685円(税抜)〜から用意されており、毎日受講しても5,780円(税抜)で会員になることができます。

 

講師は優秀なフィリピン人を採用し、24時間いつでもレッスンを受講することが可能です。受講できる時間帯が決まっていない場合にも重宝するサポートが用意されています。

 

また、創業者の方の熱い気持ちを基に運営されており、勢いのある会社です。

 

産経オンライン英会話

産経オンライン英会話は『産経デジタル』『ヒューマンホールディングス株式会社』『トランスコスモス株式会社』3社により運営されているオンラインスクールです。

 

そのバックボーンの大きさの利点を活かし新聞、教育事業、IT、各分野のエキスパートを学習サポートチームに取り入れ、学習者をケアしています。

 

その充実したサポートが受けられるにも関わらず、月額4,000円〜というお手軽さで運営しており、他の格安オンラインスクールと比べても費用対効果が高いといえるでしょう。

 

また、それぞれのレベル(全4段階)に合わせたカリキュラムで学習を進めることができ、日常英会話だけではなく、ビジネス英会話、TOEICR対策なども並行して学ぶことができます。

 

講師の優秀さも業界随一で、5段階の選考(書類選考・ネイティブチェック・トレーニング・模擬授業・模擬授業ネイティブチェック)をクリアした講師のみを採用しているので、講師は精鋭ぞろいなのです。

 

ECCウェブレッスン

ECCウェブレッスンの最大の魅力は、月2回までのレッスンなら900円で受講できることです。この費用の安さは業界でも群を抜いています。

 

ECCウェブレッスンはその費用に安さだけではなく、50年以上の歴史に基づいた確かな教授法を駆使して学習者をサポートしている部分も、ECCウェブレッスンを利用するメリットの一つと言えます。

 

独自の教育メソッドとしては「聞く」「まねる」「繰り返す」「作る」「使う」の5段階に分類し、繰り返し学習することにあります。

 

加えて、学習システムが6段階にレベル分けされているので、初学者から上級者まで対応している点も利用者にとってメリットになるでしょう。

 

また、他のオンライン英会話学校が「Skype」を使用しているのに対して、ECCウェブレッスンは独自のネット回線を利用することで「Skype」のダウンロードの手間が必要ないだけでなく、安定した回線を配給しています。

 

なので、ストレスを感じることなく安心して学習をすることができる点は、利用者にとって嬉しいポイントと言えるでしょう。

 

 

オンライン英会話会社はこちらのランキング以外にも、多く存在しています。現在では大小を合わせると数百社のオンライン英会話学校が設立されているという情報もあります。

 

このようにオンライン英会話業界は活気があり、利用者も多いのですが海外旅行に使用する英語を学ぶという点では難しい部分もあるのではないでしょうか。

 

それは一レッスンが30分ほどなので、よほど旅行までの時間に余裕がある場合でないと、現実的に旅行英語を網羅することは難しいのです。

 

安く気軽さがある部分がオンライン英会話のメリットですが、旅行英語習得やTOEICスコアアップなど「会話に慣れる」だけでは十分ではない目標がある場合は、オンライン英会話以外の学習方法を考慮してみても良いのかもしれません。


英語アプリ

英語アプリをする女性

近年、スマホやタブレットなどで、気軽に英語学習が可能な時代になりました。その影響もあり、各社英語関連の会社もアプリ開発に乗り出しています。

 

それだけアプリは大きな市場であり、現在の私たちに欠かせない存在になりつつあります。

 

恐らく、特別な事情がなければ、一日中スマホを操作しない日は少ないのではないでしょうか。その、生活に欠かすことのできないスマホで、英語を学習できるのならば、それほどまでに効率的なことはないと思います。

 

現に人気「英語学習アプリ」は、総合ダウンロードアプリで上位にランクインするほど、認知度も実力も兼ね揃えています。

 

しかし、本当にアプリで英語を伸ばすことが可能なのでしょうか。もちろん、各社英語アプリは独自のノウハウを駆使し、素晴らしい作りになっています。

 

ですが、アプリを利用するにつれて「本当にこれだけで良いのか?」という疑問が湧いてくるのです。

 

それには情報量の限界があるからだと考えています。アプリという限られた枠組みに中では、多くの情報量を取り組むことは難しいのが現状です。

 

また、アプリは数百円〜高くても1,000円ほどというイメージが付いているので、開発にかける費用も抑えなくてはなりません。

 

英語学習の気晴らしなどに利用する場合には、大いに役立つと思いますが、メインとして学習を続けていくことは情報量の限界を感じ、難しいのではないでしょうか。

英会話教材

海外旅行に行くことになった際、とりあえず気軽に始めることができるのが英会話教材だといえます。

 

特にプレッシャーを感じることもなく自分のペースで学習できますからね。海外旅行に行くことになった際に、英会話教材をと考えるのは良い選択であると思います。

 

ただし、注意したいこともあります。英会話教材もピンキリといいますか、よい英会話教材とそうではない英会話教材があります。

 

更には、よい英会話教材の中にも、今のあなた(海外旅行を前にして、要点だけを楽に習得したい)のような人には向いていない英会話教材もあるのです。

 

海外旅行英会話をかいつまんで学びたいのに、「地に足をつけて英語脳にすることから…」、「しっかりと文法のイロハを身に着けて…」、「海外旅行ではまずありえないような会話を例にして学ぶ」…などの英会話教材ではどんなに良い英会話教材だとしても、今のあなたには不向きであるというわけです。

 

それらも考慮しつつ、英会話教材といえば、これだよね…というような人気英会話教材について海外旅行向けの英語教材としてはどうなのかについて解説していきます。

ロゼッタストーン

ロゼッタストーンは世界で500万人、20,000の教育機関、17,000の企業や官公庁で利用されている名実ともに世界屈指の学習ツールの一つです。

 

一ヶ月5,000円から利用出来るその手軽さから、日本でも知名度が高く人気が高まっています。

 

ロゼッタストーンの最大の特徴は、英語を日本語に訳さずに、英語のまま理解し、外国語として考えるトレーニング方法を取っていることです。

 

英語を学ぶ際にどうしても、英語を日本語に頭で変換してから考えてしまいがちです。しかし、これでは会話スピードや字幕スピードに対応することができず、伸び悩んでしまうのです。

 

日本人が苦手としている部分を補ってくれる学習ツールなので、うまく利用する価値はあると思いますが、ロゼッタストーンは公的機関や高等学校など向けにカリキュラムが組まれているので、「旅行英語」を学ぶことには適していない部分には注意が必要です。

スピードラーニング

スピードラーニングの最大の特徴は、「聞き流すだけで英語を取得できる」という独自の学習システムにあります。

 

人気プロゴルファーの方も利用しており、高い費用対効果を実感出来る人気の学習ツールです。

 

初回セットは9,400円、2ヶ月目以降は4,300円と気軽に始めることができる料金設定になっています。

 

スピードラーニングは「レスポンスの早さ」を重要視しているので、日常会話を学習することには十分実力を発揮するでしょう。

 

しかし、スピードラーニングは定型文を繰り返し聞き取り発音することにより、英語を習得していくというものです。

 

なので、海外旅行などで英語を使用する場合に重宝する部分もあるのですが、定型文以外の質問やシチュエーションが山ほどある海外旅行では、スピードラーニングの学習方法では対応するのは難しいのが現状と言えるでしょう。

スーパーエルマー

スーパーエルマーはリスニング教材のロングセラーとして知られており、1988年の開講以来19万人の方が受講しています。

 

その学習方法は、英語を「英語の語順」のまま理解する訓練を行うというものです。【1】「即聴即解」トレーニング【2】「ハイパー・スピード」トレーニング【3】「音節リズム」トレーニングの3つに分別され、この方法により、英語を素早く正確に身につけることが可能になります。

 

料金は、初心者・中級者向け教材で49,800円(税抜)、中級者、上級者向け教材で、54,800円(税抜)にて用意されています。

 

しかし、スーパーエルマーでは「英語の語順」をそのまま理解することに特化しているため、海外旅行英語など「口語的な表現」を学ぶことには適していないと言えます。

 

TOEIC対策などの、正確な文法、ボキャブラリー数が求められる場合に活用したい教材なのではないでしょうか。

アルクのヒアリングマラソン

アルクのヒアリングマラソンでは世界で使われている「リアルな英語」を学ぶということを学習のポイントにしています。

 

そのこだわり抜いた教材は、毎月新しいものが発行され、飽きることなく学習を進めることが可能です。また、ビジネスシーン対策英語なども学習することができ、幅広い選択肢が用意されています。

 

もちろん新TOEICテストにも対応しており、毎月教材が発行されるメリットを活かし、最新の情報を得ることができるのもアルクのヒアリングマラソンの特徴だと言えます。

 

料金は53,784円(税込)で、商品には人気英語学習雑誌『ENGLISH JOURNAL』が1年分含まれています。

 

アルクのヒアリングマラソンは1,000時間の学習により、英語力を向上させることをコンセプトにしています。1,000時間という膨大な時間を費やす必要があり、英語を仕事で使用するなど本格的な学習に向いていると言えます。

 

なので、海外旅行に使用する英語を学習する場合などには、効率的ではないと言えるのではないでしょうか。

七田式英語教材(7+English)

七田式英語教材は、社会文化功労賞、、世界学術文化審議会・国際学術グランプリ、国際学士院・世界平和功労大騎士勲章、東久邇宮記念賞など数々の名誉ある賞を受賞した、七田眞さんが開発した英語教材です。

 

七田式英語教材の特徴は、「これだけ覚えておけば日常英会話は問題なくこなせる!」 というフレーズを、60パターンに限定し、そのパターン化された英語を学習するというものです。

 

現在では、世界12か国で学校を運営し、世界にその学習方法を広げています。

 

料金は、29,800円になり、他社の教材と比べ安価で学習することができます。

 

七田式英語教材では、直接的に「海外旅行英語」を学習するカリキュラムは組まれていないのですが、難しい英語を使用する必要がない海外旅行時には十分対応できる教材だと言えるのではないでしょうか。

スピークナチュラル(Speak Natural)

スピークナチュラルは、その学習指針として、「頭を使わず、遊ぶように学ぶ」ということをコンセプトに掲げている英語教材です。

 

英語を習得するためには、一夜漬けは通用せず、根気強く長期的に学ぶ必要があります。英語を勉強と捉えるのではなく、「遊び」や「ゲーム」と捉えることによって、学習者の負担を軽減することに力を入れています。

 

料金は「スタンダード」と「海外旅行編」が各29,800円、両方のセットが49.800円で用意されています。

 

「海外旅行編」教材が用意されているので、海外旅行に対応する英語を学習する場合には重宝すると思います。しかし、英語力があっても、いざ外人さんを目の前にしてしまうと話せなくなってしまうことも多々あるので、こちらの教材だけではすべて対応できないというデメリットも考慮しなくてはなりません。

 

 

近年、グローバル化が進むにつれて、日本でも英語の需要が高まり、社内公用語が英語という会社も現れました。私たちは学生時代から英語を学習しているのに関わらず、英語を習得できているとは言えない現状があります。

 

言語を学ぶ上では、様々な学習の諸説がありますが、12歳ほどで語学の習得をすることは難しくなるという通説があります。もちろんこれは、「ネイティブ」にはなれないという意味なので、何歳になってもTOEICの点数を上げることや英語を習得することは可能です。

 

言語の習得に限界がある中で、英語を学ぶためにはある程度のメゾットや方法論に頼らざるを得ない部分も出てきます。

 

これまでに取り上げた英語教材は数万円するものであり、コスト面、カリキュラム面を見ても敷居が高いことも確かなのではないでしょうか。しかし、言語の取得に限界があるという事実がある以上、英語学習への投資は必要費と考えるべきだと私は考えています。

 

これまではご紹介した中には、海外旅行に特化した教材があるとは言えないのですが、これからご紹介する英語教材は知名度こそ既にご紹介した英語教材に劣るものの、海外旅行英語に関しては群を抜いている英語教材をご紹介したいと思います。


海外旅行特化型英会話教材Top2

ネイティブイングリッシュは、英語を日本語にぴったり「訳す」ことは不可能であり、英語と日本語を完全に対比させて学習する方法は採用していないという特徴があります。

 

現に、英文を数名の翻訳家に訳してもらうと、ニュアンスは同じであっても言い回しや表現方法、言葉の強さ、感情などは少し異なってくるのです。

 

このようにプロにとっても100点の翻訳は不可能であり、今後も英語に限らず、言語同士を直訳することは不可能なのです。

 

しかし、日本の教育制度の中では「直訳思考」な部分があり、全員が同じ訳でなくてはならない考え方が根付いているのが現状です。

 

この方法ではいつまで経っても、英語を習得することができずに足踏みしてしまいます。ネイティブイングリッシュではこのような学習方法を脱却するべく、英語の「直訳」を学ぶのではなく、ネイティブの「ニュアンス」を学ぶことに力を入れています。

 

ネイティブイングリッシュでは、英語のニュアンスを学ぶことで様々なシチュエーションに対応する力を身につけることを重要視しています。

 

特に、海外旅行時には重宝する教材と言えます。「Travel」という単語の語源は「Trable」であると言われており、旅行をする際にはトラブルがつきものだという意味が、「Travel」の由来なのです。

 

そんな問題や何が起こるかわからない、旅行時に必要な英語というのは、定型文や直訳ではなく、相手の言ってる「ニュアンス」を理解する能力なのです。

 

ネイティブイングリッシュは、その点で海外旅行に適した教材と言えるのです。

 

費用は29,800円で、その後に追加料金などが無い買い切りの英会話教材ですから、まずは気軽に始めてみるのも良いかもしれません。
詳細はこちら

 

エブリデイイングリッシュフレージーズは、「英語が話せない」「外国人とコミュニケーションがとれるようになりたい」という要望に応えるべくして、開発された英語教材です。

 

英語をコミュニケーションのツールとして捉え、シンプルに英語を理解することに特化させています。

 

「話す英語は最短に。」をコンセプトとしている、エブリデイイングリッシュフレージーズは余分な表現や、言い回しを排除した、本当に使える英語を習得するためにカリキュラムが組まれています。

 

例えば、エブリデイイングリッシュフレージーズの教材は独自の2段階スピードで発音されることにより、リスニング能力を高めることができ、テンポの良い会話を実現します。

 

次のステップでは「3秒以内の短いフレーズ」を中心に学び、リスニングからの素早いスピーキングを繰り返し学習していきます。このシンプルな方法により、的確に海外旅行で使用する英語を学ぶことができ、シンプルながらに自分の考えを伝えることが可能になります。

 

構想に9年の費やした本教材ですが、開発費を度外視した27,600円(税抜)という料金で学習を開始することができます。

 

その料金のリーズナブルさだけではなく、「海外旅行で困りたくない!」そんな要望にバッチリ答えてくれる教材と言えるのではないでしょうか。
詳細はこちら

海外旅行を楽しむために…要領よく最低限しておかなければならない英語学習とは…

英会話の勉強方法は様々ですが、海外旅行英会話に特化した英会話教材を手にすることからまずは始めるべきだといえます。

 

中には無料で学べる英会話アプリなどもありますが、無料だと自分自身もやる気が中途半端になっちゃいます。

 

先述の海外旅行に特化した英会話教材を…それだけを徹底的にやればそれで大丈夫です。それだけで海外旅行は楽しめます。

 

ネイティブイングリッシュ(native English)やエブリデイイングリッシュフレージーズ(EVERYDAY ENGLISH PHRASES)は購入時にお金を払うだけでその後の追加料金だとは一切ありません。

 

他の人気英会話教材だと継続してお金を払い続けないといけなかったりしますし、これまで説明してきたように、海外旅行ということだけ考えたら無駄な勉強もそれなりにあったりしちゃいますからね…。このデメリットに関しては、英会話教室も同じですね。

 

実践面での不安を覚える方はいるかもしれません。そういった方は、海外旅行特化型の英会話教材にプラスして、カフェ英会話やスカイプ英会話を単発、もしくは期間限定で組み込むのもよいでしょう。

 

海外旅行特化型英会話教材

●ネイティブイングリッシュ(→http://n-english.jp/
●エブリディイングリッシュフレージーズ(→http://english-phrases.net/eep2/